日本でも人気があり本格的な香りが楽しめる化粧品ブランドのAXE(アックス)。日本ではスプレー、ボディソープなどが定番でよく目にする方も多いのではないでしょうか。

今回は、海外を中心に販売している「AXE DRY」という制汗剤について詳しく紹介していきます。汗をかきやすくコンプレックスに感じている方、ワキガなど汗のニオイが気になる方にぜひおすすめしたいアイテムなのでぜひ参考にしてみてください。

海外版の「AXE DRY」とは

AXE DRYとはユニリーバから出ている塗り込むタイプの制汗剤で、このタイプのAXE DRYは主に海外で販売されています。AXE特有の爽やかな香りと肌の表面をサラサラにしてくれることから、暑い夏はもちろん脇汗などをかきやすい人にぜひおすすめしたいアイテムです。

日本版の制汗剤との違い

欧米人の80%以上はワキガ持ちと言われていて(アジア人は10%前後)、ほとんどの人がデオドラントケアをすることが当たり前です。そのため、日本のデオドラントケアよりも欧米人向けに作られたものは香り持続力など様々な点で異なります。

少し香りが強め

やはり欧米人向けの商品ということだけあって、香りがやや強めに作られています。しかし塗ってから時間が経つと段々と薄くなっていくため、香りが強いものが苦手という人も使いやすいでしょう。

コスパがいい

AXE DRYは容量が76gと日本のものに比べてかなり多く、毎日使っても2、3ヶ月は持つでしょう。値段もそこまで高くなく、1500円ほどなのでコスパ良く使えます。

持続力がいい

日本の制汗剤とは作りが違い、汗をかきやすい部分に塗っておくとサラサラの状態が長くアイテムです。そのため家を出る前に塗って、AXE DRYを持ち運んで外出先で何度も塗り直すことが不要で、快適に過ごせます。

AXE DRYの選び方

フローラル系

エッセンス

フルーティーなトップノートからウッディなラストノートへと変化する香り。甘い香りを残しつつ大人っぽさを出したいならこれがおすすめ。

フルーティ系

フェニックス

柑橘類の爽やかな香りの中にゼラニウム・ラベンダーのフローラルを感じられる香り。シーンを選ばず、好みが分かれにくいアイテム。

グルマン系

ダークテンプテーション

お菓子やミルクなどの甘い香りが好きならこれ。バニラやチョコレートのような甘いトップノートからハーブ感のあるラストノートに変化します。

グリーン系

キロ

アクアグリーンの爽やかなトップノートから、ムスクやアンバーのラストノートへと変化する香り。清潔感を出したい人におすすめ。

アポロ

月光をイメージした透明感のあるグリーンアロマの香り。爽やかすぎることなく、甘さも残していて男女共に使いやすいアイテム。

AXE DRYおすすめランキング

3位 ダークテンプテーション

バニラやチョコレートの香りと汗の臭いを合わせていいわけない!と考える人も多いと思います。
しかしAxeのダークテンプテーションは単に甘いだけではなくペッパーのスパイシーさも兼ね備えていて、大人な雰囲気を醸し出したい人におすすめです。

2位 キロ

ボディスプレーでも人気の高い香りであるキロ。アクアグリーンの爽やかな香りの中にあるムスクの香りがクセになります。清潔感を醸し出したい人におすすめの逸品です。

1位フェニックス

フェニックスは日本で販売はしておらず、この香りは海外で人気があります。爽やかでありながら優しさを感じられる香りで、スポーツ、ビジネス、どんなシーンでも使いやすいアイテムです。

まとめ

海外版AXE DRYの紹介はいかがだったでしょうか?日本に売っているスプレータイプもいいですが、ワキガ・脇汗にかなり悩んでいるという人はこちらも一度使ってみては。

関連

AXEボディースプレーおすすめランキングTOP3
ロールオンタイプの制汗剤・デオドラントおすすめ11選

スポンサーリンク