日本にも大きなブームを起こしている中国のワンホンたち。今回はその中でも反響が大きかったワンホンヘアについて解説していきます。

ヨシンモリとの違いや巻き方の参考動画も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ワンホンヘアの特徴

ワンホンヘアの基本は外巻きで、顔まわりの短い髪を綺麗に後ろへ流しているのが特徴です。大人っぽい印象に仕上がり、小顔効果も期待できます。

ヨシンモリとの違い


ワンホンヘアと似ているヨシンモリとの違いとして、くびれを作る高さの違いがあげられます。ワンホンヘアはトップから顔まわりにかけてくびれが作られており、長い前髪や顔まわりの短い毛を耳周りで大きく外巻きをします。

一方ヨシンモリはくびれの位置が低くなっているのが特徴です。またワンホンヘアよりも巻きが少し弱く、よりナチュラルな印象となります。

ワンホンヘアの巻き方

ワンホンヘアの巻き方を再現するときに重要なのがコテの太さです。大きく外薪をしている方がほとんどなので、32mmまたは38mmなどできるだけ太めのものを使用しましょう。

  1. アイロンの前に髪の毛を全体的にとかして整える。
  2. トップの髪はピン等でとめ、内側の髪を毛先が外巻きになるようにウェーブまきまたは外巻きにしていく。(ウェーブか外巻きはお好みで)
  3. 前髪や顔周りの短い毛を避けて、トップの髪の毛も同じように巻いていく。
  4. 前髪や顔周りの毛を後ろに流しつつ、くびれになるように巻く。
  5. 最後に、全体的にもう一度ブラシでとかして巻きをゆるくする。

参考動画

 

おすすめアイロン KINUJO

KINUJO

KINUJOのCURLヘアアイロンは、アイロンで髪を傷めたくないという声から誕生しました。100度程度の低温でも水蒸気爆発が起こり、髪を傷めてしまうのですが、KINUJOは独自素材のシルクプレートがダメージを抑え、アイロン後でもサロン帰りのようなツヤ髪を叶えてくれます。

楽天ランキング5冠獲得ミシュラン5つ星の「ホテル龍名館」で採用されるなど、KINUJOの実力は多くの方に認められ、「髪を綺麗に伸ばしたい」「巻いた後もパサつきたくない」と願う方にぜひ使ってもらいたいアイテムです。

ワンホンヘアのカタログ

中国のSNS「RED」で実際に見かけたワンホンたちのかわいい巻き方、髪型を長さごと、前髪の有無で紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

ショート

前髪ありでもなしでも全体的に髪の流れが後ろに向いており、上品かつ大人な印象のショートがワンホンたちに人気です。

ショートカットの中国人女性

ショートカットの中国人女性

ボブ(前髪あり)

ボブは髪のボリュームをなるべく抑えて内巻きにするか、顔周りとトップの髪に流れを作ってナチュラルな巻き方にするのがポイントです。

ボブの中国人女性

ボブの中国人女性

ボブ(前髪なし)

前髪を分けたボブにする場合は、6:4の比率で前髪を分け、毛先をワンカールさせるのが鉄則です。

ボブの中国人女性

ボブの中国人女性

ミディアム(前髪あり)

一見無造作に流れている毛先のように見えますが、顔周りにくびれを作ってそれ以外の髪を軽くワンカールさせることで、狙っていない抜け感が演出できます。

ミディアムの中国人女性

ミディアムの中国人女性

ミディアム(前髪なし)

ワンホンたちの中には、ウルフカットをした女性も多くいます。ミディアムの前髪なし、ストレートヘアはかっこいい女性に近づけるので、気になる方はぜひ挑戦してみては。

ミディアムの中国人女性

ミディアムヘアの中国人女性

ロング(前髪あり)

大人っぽくも上品に仕上がる前髪ありのロングは、くびれをしっかり作れば作るほどより洗練されたエレガントな雰囲気になります。

ロングの中国人女性

ロングの中国人女性

ロング(前髪なし)

前髪なしのロングヘアはワンホンたちの中で一番と言っていいほど、人気で一般的な髪型です。前髪を顔まわりの髪と一緒に後ろへ流し、しっかりとくびれを作りつつ後ろの髪もしっかりコテで巻いてあげましょう。

ロングの中国人女性

ロングの中国人女性

まとめ

ワンホンヘアの巻き方紹介はいかがでしたか。大人らしく上品な雰囲気になるので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサーリンク